釣書と結婚調査(内容・期間・費用)

釣書と結婚調査(内容・期間・費用)について

釣書とは婚姻をする前に両家が交わすプロフィールのようなものです。書き方は家系や土地によって異なりますが、本人の氏名、生年月日、本籍地と現住所、学歴、職歴、健康状態、家族構成を記載するのが一般的です。父親や母親の生年月日や両親の勤め先などを書くことも多いですね。

 

結婚調査ではお見合い時や婚約時に取り交わす釣書に間違いが無いかどうか調べることができます。また釣書だけでは分からないような情報を調べることもでき、借金がないかどうか、親族に遺伝する病気がないかどうか、犯罪歴(前科)がないかどうか、この他にも家族の風評などを確かめておくことが可能です。もちろん希望があれば本人の素行や交際歴、交友歴、ギャンブル癖の有無、職場での評判なども調べることができますよ。

 

釣書がある場合の結婚調査にかかる料金の相場は1案件あたり25万円から35万円となっています。本人の行動を確認するために尾行や張り込みなどの方法を用いる場合は、1時間あたり1万円から2万円ほどの予算を考えておくと安心ですよ。探偵を雇う値段は調査会社によって異なりますが、費用は事前に見積もりを取ることができるので安心してください。調査にかかる期間は3日から1週間程度となっています。

 

釣書が無い場合は知りたいことに合わせて探偵による身辺調査を行うことになります。結婚調査では通っていた学校、勤めている会社など経歴に嘘が無いかどうか、異性関係や交友関係、金銭トラブルの有無などを調べることが多くなっています。興信所や探偵事務所であれば、調査内容は柔軟に対応してもらうことができるので気軽に相談してくださいね。

 

⇒結婚調査に強い探偵・興信所一覧